大盛況「福島味めぐり」報告!

先週開催された「福島味めぐり」
(詳細は前回のブログ
をご覧ください。)

おかげさまで超満員、大盛況のうちに終えることができました!

イベントの目玉は「キリン一番しぼり福島づくり」。
47都道府県それぞれの一番搾りを作って限定販売するという企画の福島版がちょうどこの日に発売になり、その初飲み会をしたのです。

キリンさんとは当会も、永年お付き合いいただいています。
今回もご一緒させていただいてありがたい限りです。

キリンビールマーケティング株式会社福島支社長の橋本様による乾杯です!

イベントには当会からも多くのメンバーが参加してPR。おいしい福島づくりもたっぷり堪能(飲み会ではありません)。

「福島づくりは軽妙な飲み口で爽やかな風味。それでいてしっかりとした旨味がある。何杯でもいけます!」という声が会場内からたくさん聞こえました。

そしてイベントMCは、当会10周年の時にもお世話になった、ラジオ福島の手塚伸一アナウンサー(左)。

福島づくりの味のような軽妙で味のあるトークで、会場は尋常でないほどの盛り上がり!

そして「福島味めぐり」というだけあって、会場には会津若松ワシントンホテルさんが腕によりをかけて作った福島の味が所狭し!と並びました。




どれもこれもすごく美味い!お客様も大満足でした。

郡山からは、「鯉に恋する郡山プロジェクト」さんが参加。
実は郡山市は食用鯉の市町村別生産量日本一を誇る都市。
鯉食を盛り上げようと企画されたプロジェクトは市をあげてPRされており、復興応援キリン絆プロジェクト
にも採択されたそうです。



今回は「鯉ワンタン」などの珍しいレシピも登場!「初鯉」してしまったお客様も少なくなかったようです。今後も目が離せませんね。

そして当会は、もちろんソースカツ丼をご提供。
たくさんの料理があるので今回はミニサイズでしたが、イベント限定の加盟店全店ブレンドソースを使わせていただきました。

大目に用意したつもりでしたが、開始直後からお客様がひっきりなしにブースにきてくださり、我々も総動員で作りまくり。前半で完売してしまいました。
ありがとうございます!改めて、ソースカツ丼の人気を感じることができました。

そして、壇上では爽やかな男たちのトークセッションが行われました。

左から会津若松ワシントンホテル川澄総料理長橋本支社長手塚アナ

左から郡山市農林部の「鯉係長」(ほんとに名刺に書いてあります)箭内様、そして・・


当会の一番搾り、白孔雀食堂の内藤氏!今日はレアなスーツで登壇。
ベシャリでこの男の右に出るものはそうそういません。会場をおおいに盛り上げてくれました!



皆さん、それぞれの食のPRなどをされた他、手塚アナに引き出されていろんなことを話しちゃってました。

さらにこのメンバーでぶっつけ本番の食レポが繰り広げられました。





 写真から見てわかるように、かなり楽しいトークショーとなりました。

チケットのナンバーで行われた大抽選会!会場が一気にヒートアップ。



ビールやお食事券などが多数の方々に当たりました。
また裏磐梯の諸橋近代美術館
さまからもペアチケットを協賛いただきました。
ありがとうございます!




当会のクラシックラガー、とんかつ番番の坂場副会長が抽選に立ちました。コクと苦みが売りです。

中締めは会津若松ワシントンホテルの井関部長。本当に素晴らしいイベントをありがとうございました!


盛り上がったー!

今回のイベントに来て下さったお客様、関わった全ての関係者各位に感謝して、報告を終わります。また来年もこのイベントで(あったら)お会いしましょう!ありがとうございました!


—–